慶應義塾大学SFC研究所
ドローン社会共創コンソーシアム

コンソーシアムの活動について

ドローン社会共創コンソーシアムは、ドローン前提社会の実現に向け
「研究」「教育」「社会展開」の3つの領域を柱とした活動を展開しております。

研究・運用・実践

自律飛行や無人航空機管制などドローン社会の礎となる基礎技術の研究から、ドローンを活用した社会応用まで、広い守備範囲を対象とした研究活動を実施しております。ワーキング・グループ形式で、テーマ毎に会員・研究者が集まった活動が展開されます。

Go to 教育・啓蒙

教育・啓蒙

スマートフォンや自動車などテクノロジーとして斬新だったものがコモディティとして社会に浸透していった例は数多くあります。そのプロセスには様々な課題の発見と解決が不可欠です。我々は大学という立場を最大限に活用し、専門的なドローン運用人材の育成の他、一般社会を模した社会実験の場としてキャンパスを活用していきます。

Go to 社会応用

社会応用

技術開発や利用方法の教育啓蒙の評価は実験室や机の上で行うべきではないと我々は考えています。「社会がモノサシ」という考え方に立って、我々は社会応用こそが本コンソーシアムが発信すべきミッションであると考えています。 3つの特区指定を受けているSFCでは、様々な制約を外した実験が可能です。ドローンレースやドローンビジネスと言った、ドローン活用を前提とした取り組みを進めていきます。

コンソーシアムに所属する研究者

ドローン社会共創コンソーシアムに所属するSFC研究所研究所員と担当するワーキング・グループをご紹介します。

古谷知之

総合政策学部教授
コンソーシアム代表
専門は応用統計学。データサイエンスを駆使した幅広い分野で政策立案を行う。統合技術を活用した分野横断的な社会課題の解決と制度設計を目指す。コンソーシアム代表として、教育・研究・社会展開を軸とした拠点形成を推進する。

清木康

環境情報学部・教授
政策・メディア研究科・委員長
コンソーシアム共同代表
GESLとの連携
ドローン搭載カメラ(可視光・マルチスペクトラル)による空撮画像・動画、および、ドローン搭載センサによる環境センシングデータを対象とした、マルチメディア環境情報共有・分析・可視化システムの構築。本システムにより、ドローン飛行経路のリアルタイム追跡と同時に、長期的な環境変化についての総合的な分析を行う。

南政樹

政策・メディア特任助教
コンソーシアム事務局長
研究領域はインターネット技術・IoT・コンピュータコミュニケーション。
インターネットがあらゆる産業のプラットフォームとして活用されるよう技術的な側面の課題解決の研究に従事。特に、医療ITや農業ITのように規制の多い産業で多くの実績を持つ。

高橋伸太郎

政策・メディア研究科特任講師
ドローン運用者育成・安全運用管理
ドローン産業の成長戦略を加速させるため、国際的なルール形成や、安全運航のための教育プログラムの開発、ドローンを活用した新しいサービス、コンテンツの開発に関する研究に取り組む。初期の段階では、大学生・大学院生を対象にした教育プログラムを中心に展開する。

千葉功太郎

SFC研究所 上席研究所員
ドローンのIoT化、自動操縦、遠隔監視、航空システム
数多くのネットベンチャーの立ち上げや投資経験と、自身のドローンパイロットとしての経験を合わせて、新しいドローンビジネスや技術の可能性を探ります。特にドローン+インターネットの「IoT化」に取り組み、自動飛行や遠隔操縦、遠隔監視や航空システムに取り組みます。

坂本義親

SFC研究所 研究所員
グローバルドローンエンターテイメントの分析と日本での実現方法の模索
国外で活発に行われているドローンを使ったレースや映像等のエンターテイメント分野を分析し、日本での活用する為に必要なローカライズや、安全運行管理、レギュレーション策定等を模索し日本のドローンを取り巻く環境に貢献することを目指します。

田代光輝

政策・メディア研究科特任准教授
ドローンと情報社会
自律無人機(ドローン)の社会共創でどう社会が変容し人間が影響されるかを研究している。インターネットが近代国家の枠組みを越えた新しい世界を作り始めたように、ドローンは「労働」の概念を変えることが予測される。影響を見極めた活用方法を研究し、ドローン社会共創を促す。

大前 学

政策・メディア研究科 教授
自動運転技術とドローンの融合
ドローンは,自動車の自動運転において,高精度地図の作成や周囲環境の認識,無人システムの運行管理・状態把握等に活用できる可能性を持つと考えています.自動車の自動運転におけるドローンの活用の提案とその有効性の実証について取り組んでいきたいと考えています.

一ノ瀬友博

環境情報学部・教授
環境・防災分野でのドローン応用
EDGEとの連携
環境及び防災分野でドローンを活用しています。通常は、固定翼のドローンを利用していて、100ha以上の広い範囲の空撮を行っています。植生を中心とした環境や災害があった場所の被災状況などを記録するのが目的です。

松川昌平

環境情報学部・准教授
建築分野でのドローン応用
3次元スキャナーとしてのドローンの可能性を探求していきたいと思っています。

神保謙

総合政策学部・准教授
ドローンと国際安全保障
情報通信の技術革新と無人化・ロボティクスは安全保障の戦略・戦術にも大きな影響を与えています。戦闘空間、警戒監視、輸送、人道支援といった領域に、ドローンがどのような役割を果たせるか検討していきたいと思います。

田中浩也

環境情報学部 准教授
デジタルファブリケーションによるドローン制作
研究テーマはデジタルファブリケーション技術。特に3Dプリンタはドローンの制作・修理・拡張に適用できる。飛行性能の向上や農業や林業の特殊器具のアタッチメント開発など。ドローンの進化と共にデジタルファブリケーション技術も共進化させていきたい。

林康弘

政策・メディア研究科 特任講師
ドローン空撮画像とマルチメディアDB
ドローン空撮画像とマルチメディアデータベースシステムの研究(特にデータ構造、検索、環境分野における分析)

最新ニュース

お問い合わせセクション

コンソーシアムの活動内容や主催イベント、会員へのご入会などのお問い合わせはこちらから。