SFC研究所 ドローン社会共創コンソーシアム設立


慶應義塾大学SFC研究所は、ドローン前提社会の実現を目指した研究・開発・教育・啓蒙・社会展開などの活動を行うため、新たにドローン社会共創コンソーシアムを設立いたしました。

ドローンをはじめとする新たなモビリティのテクノロジーは、我々の生活を豊かにするポテンシャルを秘めています。社会との整合性を取りつつ、ポテンシャルを発揮できるようにしていくことが我々のミッションであると考えています。「ドローン前提社会」というコンセプトは、そのミッションが達成された先の社会像を表しており、自動車やパソコン、インターネット、スマートフォンのように、ドローンが社会の中で「当たり前の存在」として人々に受け入れられ、自然に使いこなされ、利活用されている状況を指し示しています。

SFCがこの課題に取り組む最大のメリットは、社会を全方位的に捉えることができる研究者の幅広さにあると考えます。ドローンの基礎技術はもちろんのこと、最もポピュラーの応用例としてあげられる空撮、観測などで日々ドローンを活用している研究者がコンソーシアムで活動しています。また、法律や国際安全保障など社会や世界との接点で必ず課題として挙げられる領域においても、そのスペシャリストが先んじてその課題や解決方針を示しています。技術的なチャレンジだけでなく社会の在り方をも包含する広い研究領域でこそ、あらゆる要素のスペシャリストが密接に連携して取り組めるSFCこそが、この課題に取り組める唯一無二の存在であると自負しております。

コンソーシアム代表には総合政策学部教授 古谷知之と環境情報学部教授 清木康が共同代表として就任いたしました。また、より幅広い知見を得るために、株式会社コロプラ取締役 Founder  千葉功太郎、株式会社OROS 代表取締役 坂本義親、アヴィエイタージャパン株式会社 代表取締役社長 井上史郎をSFC研究所員に迎え、より実践的な見地からの活動を推進していきます。

IMG_0700 IMG_0710 IMG_0740 IMG_0753 IMG_0760 IMG_0775 IMG_0781 IMG_0787 IMG_0839

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です