2018年6月18日

【御礼】湘南UAVデモンストレーション開催


湘南UAVデモンストレーション開催

2018年6月25日(月)に「湘南UAVデモンストレーション」を開催いたしました。梅雨の晴れ間、真夏日を記録する暑い中、100名を超える方にお集まりいただきました。ご来場いただきました皆様には心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

本イベントは、国内では大変珍しい無人航空機の屋外フライトデモンストレーションです。ドローン社会共創コンソーシアム、湘南藤沢ドローン技術研究会ならびに産業用無人航空機(ドローン)の利用啓発に尽力する有志によって運営されました。さがみロボット特区に指定されている神奈川県藤沢市の江ノ島周辺を会場とし、神奈川県および藤沢市のご後援をいただきました。国内外4事業者が開発・事業展開している無人航空機を展示し、各事業者の解説と映像を交えながら実際に飛行する様子をご覧いただきました。来場された皆さまには、無人航空機が持つ能力と可能性を実際に体感いただくことができました。

報じていただいたメディア

当日の様子

東京航空局 飛行許可証

国土交通省・東京航空局からいただいた「イベント上空」「人口密集地上空」の飛行許可。

会場となった県立湘南海岸公園から江ノ島方面。無人航空機飛行時には砂浜および海上の飛行エリアを一時的に封鎖して安全確保を実施しました。

学生スタッフ、ライフセイバーおよび海上に展開した船上からの誘導によって、砂浜〜海上の飛行エリア・進入禁止エリアをしっかり維持できました。

湘南UAVデモンストレーション 実行委員会事務局長 南政樹(慶應義塾大学 ドローン社会共創コンソーシアム 副代表)のご挨拶

展示エリア(西部駐車場屋上)には当日フライトを実施する無人航空機が展開されました。

トラジェクトリー株式会社はイスラエル・エアロセンティネル社のG2を展示。80分を超えるフライトが可能なクアッドコプター。

株式会社DroneFutureAviationは、ノルウェー Griff Aviation社の Griff135 を展示。最大離陸重量135kgで物資輸送、農薬散布等での応用が期待される。

日本サーキット株式会社(JDrone)は、海難救助目的にカスタマイズした自社設計機 JH950 と有線給電システムを搭載したInspire2を展示。

フジ・インバック株式会社の固定翼無人航空機。カタパルト発射の電動機。2時間半のオペレーションが可能。

Aero Sentinel社(トラジェクトリー社のG2

江ノ島を背景に写真撮影に無人航空機のフライトを観覧。

フライトを撮影する観覧者。当日撮影した写真や動画はSNSへ自由にアップロードできた。

屋外用大型ディスプレイで、ドローンから送られてくる映像を投影。

厳密な電波管理を実施し事故を防ぐため、スペアナと広帯域アンテナを持ち込みました。

デモフライトの後の講評会。事業者、主催者らが参加。

読売新聞湘南版に掲載されました。

毎日新聞神奈川版。

当日は、梅雨の晴れ間にしては暑い32度。湘南の海と空、そして江ノ島の緑がドローンのフライトの背景となりました。

お問い合わせ先

本件に関するお問い合わせは。以下の通り実行委員会事務局で受付いたします。

湘南UAVデモンストレーション 実行委員会

〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤5322

慶應義塾大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアム 内

お問い合わせメールアドレス : sud-group@keio.jp