慶應義塾大学SFC研究所
ドローン社会共創コンソーシアム

コンソーシアムの活動について

ドローン社会共創コンソーシアムは、ドローン前提社会の実現に向け
「研究」「教育」「社会展開」の3つの領域を柱とした活動を展開しております。

研究・運用・実践

自立飛行や無人航空機管制など、ドローンの社会の礎となる基礎技術の研究から、ドローンを活用した社会応用まで、広い守備範囲を対象とした研究活動を実施しております。ワーキンググループ形式でテーマごとに会員・研究者が集まった活動を展開しております。

教育・啓蒙

スマートフォンや自動車など、テクノロジーとして斬新だったものがコモディティとして社会に浸透していった例は数多くあります。そのプロセスには様々な課題の発見と解決が不可欠です。我々は大学という立場を最大限に活用し、専門的なドローン運用の人材育成のほか、一般社会を模した社会実験の場としてキャンパスを活用しています。

社会応用

技術開発や利用方法の教育啓蒙の評価は、実験室や机の上で行うべきではないと考えています。我々は「社会がモノサシ」という考え方に立ち、社会応用が発信すべきミッションであると考えています。3つの特区指定を受けているSFCでは、様々な制約を外した実験が可能です。ドローン活用を前提とした取り組みを行っています。

コンソーシアムに所属する研究者

ドローン社会共創コンソーシアムに所属するSFC研究所研究所員と
担当するワーキング・グループをご紹介します。

古谷知之

総合政策学部教授
コンソーシアム代表
専門は応用統計学。データサイエンスを駆使した幅広い分野で政策立案。統合技術を活用し分野横断的な社会課題解決と制度設計を目指す。教育・研究・社会展開を軸とした拠点形成を推進する。

高橋伸太郎

政策・メディア研究科
特任講師
コンソーシアム事務局長
ドローン運用者育成・安全運用管理
ドローン産業の成長戦略を加速させるため、国際的なルール形成や、安全運航のための教育プログラムの開発、ドローンを活用した新しいサービス、コンテンツの開発に関する研究に取り組む。

千葉功太郎

SFC研究所上席所員
ドローンのIoT化、自動操縦、遠隔監視、航空システム
数多くのネットベンチャーの立ち上げや投資経験と、自身のドローンパイロットとしての経験を合わせて、新しいドローンビジネスや技術の可能性を探る。特にドローン+インターネットの「IoT化」に取り組み、自動飛行や遠隔操縦、遠隔監視や航空システムに取り組む。

坂本義親

SFC研究所上席所員
グローバルドローンエンターテイメントの分析と日本での実現方法の模索
ドローンを使ったレースや映像等のエンターテイメント分野を分析し、活用する為に必要なローカライズや、安全運行管理、レギュレーション策定等を模索し日本のドローンを取り巻く環境に貢献することを目指す。

田代光輝

政策・メディア研究科特任教授
ドローンと情報社会
自律無人機の社会共創でどう社会が変容し人間が影響されるかを研究。インターネットが近代国家の枠組みを越えた新しい世界を作り始めたように、ドローンは「労働」の概念を変えることが予測される。影響を見極めた活用方法を研究し、ドローン社会共創を促す。

大前学

政策・メディア研究科・環境情報学部教授
自動運転技術とドローンの融合
ドローンは,自動車の自動運転において,高精度地図の作成や周囲環境の認識,無人システムの運行管理・状態把握等に活用できる可能性を持つと考えている。自動車の自動運転におけるドローンの活用の提案とその有効性の実証について取り組んでいきたい。

一ノ瀬友博

環境情報学部教授
環境・防災分野での
ドローン応用
EDGEとの連携
環境及び防災分野でのドローン活用。通常は、固定翼のドローンを利用し、100ha以上の広い範囲の空撮を行っている。植生を中心とした環境や災害があった場所の被災状況などを記録するのが目的。

松川昌平

環境情報学部准教授
建築分野でのドローン応用
3次元スキャナーとしてのドローンの可能性を探求していきたい。

神保謙

総合政策学部教授
ドローンと国際安全保障
情報通信の技術革新と無人化・ロボティクスは安全保障の戦略・戦術にも大きな影響を与えている。戦闘空間、警戒監視、輸送、人道支援といった領域に、ドローンがどのような役割を果たせるか検討していきたい。

田中浩也

環境情報学部教授
デジタルファブリケーションによるドローン制作
研究テーマはデジタルファブリケーション技術。特に3Dプリンタはドローンの制作・修理・拡張に適用できる。飛行性能の向上や農業や林業の特殊器具のアタッチメント開発など。ドローンの進化と共にデジタルファブリケーション技術も共進化させていきたい。

林康弘

政策・メディア研究科
特任講師
ドローン空撮画像とマルチメディアDB
ドローン空撮画像とマルチメディアデータベースシステムの研究(特にデータ構造、検索、環境分野における分析)

下田亮

SFC研究所研究所員
無人移動体を用いた社会実装研究
Unmanned aerial vehicle.空中ドローン Unmanned Surface Vehicle.水上ドローン Unmanned Underwater Vehicle.水中ドローン等を用いた新産業の提案・社会実装を軸に地域6次産業発展を見据えた研究を行っている。

檜森晃治

SEC研究所研究所員
インフラ点検・施設点検
ドローン利活用の研究
各種点検現場におけるドローンの活用
インフラ・防災・災害現場等、様々な分野におけるドローン活用方法の研究を行っている。

飯原夏子

SFC研究所研究所員
ドローン教育・STEM教育
2016年から5年間にわたり2000人以上にドローンをレクチャーしてきた経験をもとに、多様化しているドローンの運用に関して、より目的に沿った知識と技術が習得できるカリキュラム作りを研究している。

河原暁

SFC研究所研究所員
ドローンを活用したリモートセンシング解析・地形データ解析技術の研究
ドローンを使ったリモートセンシング解析の手法研究及び陸海空ドローンを用いて取得した地形データを組み合わせ農林水産と防災の研究を行っている。

村山繁

SFC研究所 研究所員
メディア運営を通じたドローン前提社会実現プロセスの観察・検証
メディア運営を通じたドローン前提社会実現プロセスの観察・検証、及び農業、測量、土木、エンタメ、点検、防災・救難、物流など既存産業分野へのドローン浸透にメディアが果たす役割の研究。

部谷 直亮

ドローンの安全保障における社会実装の研究
成蹊大学法学部政治学科卒業、拓殖大学大学院安全保障専攻修士課程(卒業)、拓殖大学大学院安全保障専攻博士課程(単位取得退学)。財団法人世界政経調査会 国際情勢研究所研究員等を経て、一般社団法人ガバナンスアーキテクト機構上席研究員、現職。 専門は米国政軍関係、安全保障論。

活動のご案内

プレスリリース、イベント告知、会員向け活動報告、会員動向など

お問い合わせセクション

コンソーシアムの活動内容や主催イベント、会員へのご入会などのお問い合わせはこちらから。